TANTRA YOGA

日本で唯一男性同士で受けられる【タントラヨガ】は今ではKOYの看板レッスンです。質問もたくさんいただくのもこのタントラの内容についてです。

SEXやエロティックな部分しか紹介されていない、誤解を受けることの多いレッスンではありますが、きちんとした方法で行えばこれほど素敵なヨガはありません。

ここのページは、タントラを詳しくお話ししています。

​哲学的に説明していますので、ご興味のある方はじっくりご覧ください。

タントラとチャクラの繋がり

タントラ教という密教の一つ。男性は無駄な力を使わずに必要な時だけエネルギーを使う。女性はその力をもらい新しいものを生み出す。という男女の役割があります。そのため男性はクンダリーニ(体液の事・ここでは精子)は無駄に放出してはいけない。三大欲の中でも一番強いエネルギーは【性欲】その欲の炎に巻き込まれないように、余ったエネルギーは他のチャクラに送る(イラスト図参照)ということ。そしてマントラを唱えて、更にチャクラを開花させます。タントラは修行の一環でクンダリーニを留めておくのがタントラ教の教えなのですが、チャクラの法則から行くと、新しい気は前向きな気持ち(元気・陽気・勝気・やる気・勇気)を与えるのですが、古い気は私たちにマイナス思考(陰気・悪気・移り気・病気)など悪い気を引き起こします。気を使いすぎたり、溜め込み過ぎると悪い気に変わり【負】を呼び起こしてしまうのです。気が負になる前にクンダリーニ開放へと導くことが魂も精神も輝かせると信じられているのかチャクラの法則です。基本的にタントラは【性的エネルギーを足りないチャクラに送る】というヨガなのです。でも私たちは人間ですし人間は修行を繰り返します。その修行の中でクンダリーニが解放されてしまうこともあるので、それはそれでよいと考えられています。タントラ=SEXではなく、修行としてなるべくクンダリーニは留めて自分の他のエネルギーに変えてゆく、が正式なタントラです。またタントラには【ホワイトタントラ】というヨガもあるので、タントラ=SEXも間違えではないのですが、=ではなく愛の延長線上にSEXがあるのが、タントラと考えるのが正解に近いのではないでしょうか。

●どのような相手とタントラを行うのか?

ブラックタントラは相手を知るために行うライトな感覚のヨガ・レッドタントラはお互いを知り合いたい!というために行うヨガ・そしてホワイトタントラは夫婦や結婚を前提とした同士が行うものという段階になります。そしてチャクラの場所は男女場所が異なるのも事実です。男性は第一チャクラは会陰部(肛門辺)で、女性は膣・第二チャクラは男性は(精巣)で、女性は子宮になるのです。本来は二つが重なることはないとされています。なのでむやみに挿入を進めるグル(師)がいたら、それは間違いに等しいです。

男性が優位???

インドは男の子が生まるまで子作りに励むといわれます。現在でもその風習があるのです。女の子じゃダメというのではありません。それはインドが古くから伝えられている伝統なのです。インドは特に信仰心が篤く伝統も重んじる国です。カーマスートラも男性に愛されるために、そして自分の愛の為に!という意味で出来た性典なのです。カーマスートラの中には「64芸(化粧やアクセサリーの身に着け方とか、自分を磨く作法)を身に着けた女性は男性を選ぶ権利が生まれるという、教えまであるくらいなのです。タントラ自体はチベットで生まれた密教でありますが、同じ仏教徒から生まれた進化論でもあるのです。女性の太り具合で男性の価値も決まる(それだけ裕福な生活を送らせているという意味)といわれる国です。やはり男性は優位と言えるのではないでしょうか?。そのため男性のクンダリーニは貴重であり。無駄に射精させたり、欲を発散してはいけないとされているのです。でもそれは男性には無理なことですね。

男性同士のタントラは成り立つの?

​タントラもカーマスートラも最終地点は「子孫繁栄」の為とは説いていますが、あくまでもタントラは性欲のコントロールをし自分を向上する。カーマは愛の為に・愛されるために・お互いが気持ちよくなるための心得を説いているので、実際は男性同士でもそれは成り立つと考えております。同性同士でタチ・ウケがあるように、陰と陽は同性同士でもあると、現代哲学では考えられています。

KOYのタントラの思考は?

実際にマントラを唱えるのが正式なチャクラの開花へと導く方法なのですが、そのマントラと同じ…それ以上の効果を持つ【音叉-オンサ-】を使いチャクラを開花させるので、みなさんは音叉の音と波長を感じるだけで良いのでとても簡単です。KOYのタントラはリニューアルを繰り返し、今の体制になっています。ヨガ哲学もこれで完成!はないように、もちろんタントラもこれで完成はありません。まさに男性同士でタントラをするということ自体が進化論なのです。KOYはホワイトタントラは除き【ブラック】【レッド】【ラージャ】そしてオリジナル【アクティブタントラ】が誕生しました。

​●ブラックタントラ

クンダリーニ開放をいち早く感じたい方に。ヨガのポーズは一切取りません。音叉の音に耳を傾けてクンダリーニ(体液)出します。リフレ優先の方はこちらのタントラがおすすめ。

●レッドタントラ

NYCの道場でも実際に行われていたレッスンです。本場の道場ではコミュニケーションを取ってから、ペアヨガをするタントラを(マントラを唱えるまで)行っていました。KOYではその楽しさはレッドタントラの思考に似ていると判断し、ペアヨガを行った後クンダリーニ開放へと入ります。KOYではとても人気があり​リニューアル後はさらに好評です。​ヨガの内容は当日変更できます。ご相談ください。

●ラージャタントラ

内容は殆どレッドタントラと一緒ですが、瞑想の時チャクラの説明やエネルギー解放の説明を分かり易くご案内しますので、タントラを哲学的に知りたい方はこの【ラージャタントラ】をお選びください。

本格的なタントラはとても儀式が多く、一般の方では堅苦しく感じるところが殆どです。KOYはインドやNYCに何度もわたり勉強を重ね、国内でもたくさん講習を受け、皆様が楽しめるようにと何度もリニューアルをし、現在とても分かりやすいタントラとなっております。

みなさまが本物により近いタントラを受けることで、その楽しさ日常からのストレスから解放されることを、心から望みタントラを実践しております。

楽しむ姿勢でタントラを受けてみてくださいね。そしてこれからも進化を遂げていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

​Namaste

© 2019 by Mens Yoga KOY. Proudly created with Wix.com